読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AI 1次ブームを振り返ってみた。そして今・・

いま人工知能ブームが来ていますが、実は過去に2回ブームが来ているんですね。

 

1次が1960年代〜

 

2次が1980年代〜

 

そして今・・新技術ディープラーニングによって、3次ブームが巻き起こりました。

 

 

最近、僕も人工知能について興味を持ったのですが、僕が生まれるよりも随分前に人工知能は開発されていました。

 

 

今回はそれぞれのブームで何がキーワードになったのか紹介したいと思います。

 

 

まず、1次でブームになったのは、”探索”です。

 

 

探索というのは目的までのルートをパターン化して解を見つけることです。

 

 

わかりやすい例で言えば、”迷路”ですね。

 

 

スタート、分岐点、行き止まり、ゴールを定義し、ゴールまでのパターンを割り出します。

 

【例】

スタート

↓        ↘︎

分岐点A      分岐点B

↓    ↘︎     ↓    ↘︎

分岐点C 行止   分岐点D  分岐点E

↓          ↓      ↓

行止        行止    ゴール

 

 

という感じに人工知能がゴールまでのパターンを割り出し、最終的に最適解を出すのです。(この場合であれば、スタート⇨B⇨E⇨ゴール)

 

 

これが”探索”と呼ばれるものですが、ある限られた条件下(明確には定義されたルール内)でしか最適な解は出せないことがわかり、1970年代にはブームは消えてしまいました。

 

しかし迷路が解けるだけでもすごい!と感じたのは僕だけでしょうか。(笑)

知らないだけでテクノロジーは随分前から進歩していたのですね!

 

 

さて、今回はここまで!

次回は2次ブームについて書いて見ることにします。

 

 

 

 

Evernoteでタスク管理したら驚くほど世界が変わった!!

Evernote,

 

自由度が高いゆえにどう使ったらいいかわからない。いざ使ってみたのはいいけど思ったほど使えない。そんなふうに思う方が多いのではないでしょうか。

 

 

僕もそう思っていました。

 

 

期待してインストールするけど、すぐに飽きてアンインストールして、でもやっぱりもう一回使ってみたくなってインストールするけど、またすぐ飽きるの繰り返しでした。

 

 

機能が多くて使い方を模索している間に結局使わなくなっちゃうんですよね。

 

 

じゃあどうしたら使いやすくなるのか!

 

 

ということで今回は機能を絞りに絞りました!

 

 

まず、僕が必要な機能はタスク管理機能でした。

プライベートも仕事もすべて一元管理したかったのです。

 

 

そこでEvernoteのノートブックでTODOノートを作成。

 

 

さらにTODO管理用のノートを作成。

 

 

ここでTODOノートブックの中にTODO管理用ノートがある状態です。

 

 

1ノートブック1ノートです。

このTODO管理用ノートに、

 

 

【仕事】

・~する 2月2日まで

・~

 

【プライベート】

・公共料金振込み

・シャンプ―買う

・~

 

といった具合に書いていきます。

達成したら僕の場合はタスクを消していっています。

 

 

チェックボックスもつけれるので、残したいという人はチェックをつけていくといいかもしれません。

 

 

これをしてからPCでもipadスマホからいつでも確認できるし、追加、削除もサクサクできるのでストレスなく使い続けることができました

 

 

ぜひ皆さんもお試しあれ!

 

 

それでは、次のブログでお会いしましょう!

 

当ブログのコンセプト

当ブログにお越しいただきありがとうございます!

 

 

ここではITの紹介や提案をしていきます。

 

 

ブログコンセプトはずばり

 

 

ITを日常に取り入れてクールライフを目指そう

 

 

です。

 

 

昨年はポケモンGO人工知能、VRなど多くのIT技術が進歩発達してきました。

 

 

しかし、結局のところどう使うのか何に役立つかわからない、という方が多いのではないでしょうか。

 

 

そこで、当ブログはいま流行りのAI、VR、アプリケーションといったIT技術をわかりやすく解説し、

 

 

日常生活レベルで使える方法を提案していきます。

 

 

不定期更新となりますが、

 

 

このブログを読んで少しでもITに興味を持っていたただけたら幸いです。

 

 

それではまた次のブログでお会いしましょう!